記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWですねえ①

最近、知り合いの方が鬱になりまして、 
どうしたらいいのか?ってことで私の所に連絡が来たんです。
 ほんで、お手紙に自分の治癒経過について書いて渡したらお礼を言われたので、 
こうゆう事って共有したら役に立つ人いるかな?と思ったんで、
今日はそーゆー感じです。 

【鬱病のについて私が思うところ】 

鬱病は心、気持ち、気合の問題だと捉えて、精神論で治そうとすると、益々病状が悪化しました。
 病気のカテゴリーとしては精神科・心療内科の範疇ですが、「鬱病は体の問題」だと捉えたほうが治りが早いと思います。 

 私は「鍼灸」「漢方薬を出してくれる病院」をお勧めします。

 鍼灸の先生に言わせると、鬱病になる人は西洋医学的に体に何の問題が無くても、東洋医学的に見ると体中の筋肉、筋が硬く強張っていて、相当悪い状態に見えるそうです(過去私自身は鍼灸でかなり改善されました)。 
特に首、肩がこっていると頭に血流が届かなくて、脳が酸素、ブドウ糖不足になり、脳が強制システムダウンを起し、気分が優れなくなるそうです。 
「鍼灸 鬱 ○○(自分の住んでいる地域名)」でgoogle検索して、HPで鬱病について治療経験があると書いてある所を選べばいいんじゃないかなと思います。
 施術者との相性などもあるので、できれば治療を受ける本人が選ぶのがベストだと思います。 

血行を良くする、という意味では軽い運動などもお勧めできます。
 鬱になるときは体がガッチガチに硬くなってると思われるので、なるべく柔軟体操、ヨガのような体を解す運動はお勧めできます。体を柔らかくしてリラックスできる状態を作ってください。(筋力トレーニングになるような負荷の大きい物は逆に負担になります) 

健康状態の問題で無理な場合は横隔膜、腹筋を使ってゆっくり深呼吸するのもいいと思います。
鬱のときは殆どの人が呼吸が浅いと言われていて、呼吸法を教えて治療できる場合もあるそうです。 
誰かに習いたい場合は「ハタヨガ」の呼吸法を教えてくれるところなんかいいかな?と思います。

 漢方薬も気、血、水の流れを良くする。という方針治療ですので、鬱のような西洋医学の薬で治せない病気には効果があると思います。
 google検索で「漢方 心療内科or精神科 ○○(自分が住んでいる地域名)」で検索して良い病院があればそこにいくのが簡単で安あがり(健康保険適用)になると思います。
 
健康保険外の薬局で処方してもらうと1ヶ月分の薬代で数万円かかることがあります。
 普通の病院で漢方薬の取り扱いをする先生がいないけど、薬が欲しい場合はgoogle検索で「漢方 証 チェック」とかで自分の体質(証)を判断します(ex.漢方薬局HP養命酒HP)。 

「漢方薬 鬱」検索で引っかかってきた漢方薬の中から自分の体質(証)に合いそうな物を選んで(こんなかんじ?)、普通の内科病院でツムラの漢方薬を処方してもらえれば健康保険でお薬が買えます。

 私が鬱病で心療内科で処方された薬を色々飲んでみた感想なので、万人には当てはまらないかもしれませんが、普通の薬は鬱の根本的治療にはちょっと物足りない感じでした。 

いえね、毎日眠れなくてフラフラとか、気持ちが高ぶって疲れ果ててる人とかには即効性のある成分だなあ。とは思うので、医師の指導に従って服用するのはいいとは思うんですよ。 

でもさ。糖尿病患者さんって薬を飲んだりインシュリン打ったりしたら一時的に血糖値が下がって、血管壁の損傷が一時的に緩和できるんだけど、根本的治療をしたかったら食生活を根本的に変えてダイエットしないと、治らないでしょ?そんな感じです。
 
効き目が大きいだけに副作用もあるし、一時的避難所として薬は大事だけど、気力が戻ったところでなんか手を打ったらいいんじゃないかなーと思うのよ。

 飲む量も自分の体調と相談しながら出来るだけ少ない量(半錠とか1/4錠)で効くなら、少ないほうがいいかも???ね。

てか、素人のおばちゃんのツイッターみたいなもんなので「ふーん、そんな人もいるんだ」って斜め上から眺めて参考にする程度にして下さい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。