記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝言は「はい、今から出社します」(21)言語・文法

私が良く使うCF系統、DE系統って言うのは、Y遺伝子ハプロタイプの名称で、発見された順番にABC・・・と名づけていったので、文字に意味はありません。今「R」まで見つかってます。

日本に多いD系統の親戚E系統は南ヨーロッパ(イタリア、ギリシャ)、北アフリカ(エジプト)、中東に存在するらしいです。
DE系統Eの人って「働いたら負け」みたいな人が多い気がする。
英語、日本語ぺらぺらの日本人上司がイタリア語(OSV型ですが)は覚えやすいって言ってた。発音が似てるんだって。
D系統の言語はSOV型[ex.私は(S) 貴女を(O) 愛する(V)]が多い気がします。
D系統の多いブータン、チベット・ビルマ語もSOV型です。

世界の言語の約45%がSOV型言語で、日本語、ドイツ語、オランダ語、琉球語、アイヌ語、韓国語、アルタイ諸語、インド・イラン語派、アルメニア語、ドラヴィダ語族、チベット・ビルマ語派、アムハラ語、ナバホ語、ケチュア語、アイマラ語、バスク語、シュメール語、アッカド語、エラム語、ヒッタイト語などがこの型をとる。ラテン語、サンスクリットでは多様な語順が認められるが、最も頻出する語順はSOV型である。
ドイツ語およびオランダ語はSOV型のV2語順(動詞第二位)と分析される。平叙文ではV2のため一見SVO型に見える。

CF系統Fから派生した遺伝子系統が圧倒的に多く、世界を席巻してます。
F~Rまでは全部F系統です(白人、東南アジア、中国、朝鮮、弥生人がFから分岐)。
F系統の言語はSVO型(ex. I(S) love(V) you(O))が多い気がします。中国語、英語に共通の文法。現在使われる地域の広さはNo.1。
英語、フランス語、中国語(広東語などの諸方言や漢文を含む)、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、カタルーニャ語、ルーマニア語、ブルガリア語、現代ギリシア語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、タイ語、ラーオ語(ラオス語)、ベトナム語、ジャワ語、インドネシア語、マレー語(マレーシア語)、クメール語(カンボジア語)、スワヒリ語、現代アラビア語諸方言、ハウサ語、ヨルバ語、グアラニー語、ナワトル語など
外国に攻め込んで領土拡大したい気力満々で、努力家です。

日本文化はどうせ中国から文化を輸入しただけなんでしょ?と言われたら悔しいので、言語についても調べました。
日本語の方がシュメール語など古代言語に近いことから、紀元後に漢字文化を輸入する前から高度な文化を持っていた可能性が示唆されると思います。

大体、F系統の皆様は自国の文化と異なる文化を全て「蛮族」と評価する傾向が強く、マメに記録を残し、都合の悪いことは焼き払ってきたので、残る資料では被征服国家は民度が低いってことになりがちです。
日本は奇跡的にD系統とC系統の遺伝子がhalf & halfですが、大陸でD系統が残ってるのはチベットと孤島(アンダマン諸島)ぐらいです。
本当ならもっと居てもおかしくないのに。
「働きたくないでござる」だったのか「平和的」だったのかは知りませんが、37564だったのでしょう。

だいたいさあ。大和朝廷が神社の神名を上書き保存した後、聖徳太子、役小角、空海、最澄がウガヤ朝王族を仏をドッキングさせる本地垂迹説により、ウガヤ朝文化を復活させたけど、明治の神仏分離により仏像を壊しまくって、またウガヤ朝を消そうしてるように見えました。
2000年近く経ってもまだ消したいのかな。諦めて平和的共存の方が文化的発展が進むと思うけどな。

日本人もアトランティスの言い伝えを「オラが国の歴史だべさ」と「ウエツフミ」に書きましたが、記紀の文章も相当ウガヤ朝文化の借りパクじゃないかな?
まー借りパクだけでブログ書いてる私が言うことではないですが。
借りパクができるのも、嘘がつけるのも、文化人である証拠なんで、悪ではないのよ(言い訳)wwww

あれ?私は一体何と戦ってるのでしょうか?

まあいいや。で、次回からは大宮売命のもうひとつの名前「湍津姫神(タギツヒメノカミ)」について、
ローラー作戦で調べて、これは!と思った所をご紹介いたします。

こんだけやって半分来たか来ないか?ぐらい。根っからのMなのね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。