記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝言は「はい、今から出社します」⑱六甲山神社

六甲山って調べたら六甲比命神社以外にもドルメン(巨石)だらけです。
巨石の側とか上で瞑想すると深く入れるそうなので、皆様のお近くにもあるといいですね♪

六甲山神社は廣田神社の境外末社なので、同じ神を祀るはずなのに御神名が異なります。

『六甲山神社 (むこやまじんじゃ) 兵庫県西宮市山口町

[祭神] 菊理媛命(くくりひめのみこと)を祭神とする。
加賀国白山の白山比咩神社に同じ。 白山の宮(しらやまのみや)とも称される。 

六甲山神社境内の石製の神殿の奥に六甲山大権現が祀られる。これが本来の主祭神と考えられる。
六甲山石の宝殿が「広西両宮絵図」に西宮鎮守とあること、六甲山全域がかつての廣田神社の社領であったこと、六甲山がかつては向津峰(ムカツミネ)と呼ばれたことから、廣田神社祭神、向津媛命の奥宮とすることが、整合性が有ると思われる。

[歴史] 創祀の年代は不明。
祠が設置される前からこの場所は霊場視されて、いくつかの言い伝えがある。
六甲山は山伏や天狗に関する多くの伝説があり、山岳信仰により中世に白山修験の山伏が開いた修験道の霊山であったと考えられ、社殿には白山の古文書が伝えられている。

[信仰] 古来より雨乞いの場として利用され、日照りが続くと山麓の村々の農民が般若心経と雨乞いの呪文を唱えた。
石の宝殿は船坂川、仁川、芦屋川、住吉川などの分水嶺上にあり、神戸市東灘区から西宮、宝塚、北神地区の唐櫃(神戸市北区)に至るまでの地域はもとより、摂津国外からも雨乞いに来たと古文書にはある。
また、祠脇の縁起書には「水商売繁盛の神」と説かれている。』

六甲山大権現は、六甲山の所有者の神ですよ、でしょう。
(権現;日本の神々を仏教の仏が仮の姿で現れたものとする本地垂迹思想による神号である)

『廣田神社祭神、向津媛命の奥宮』なので六甲山自体が廣田神社の御神体でもあります。
『菊理媛命を祭神とする。加賀国白山の白山比咩神社に同じ』なので、

【白山比咩神社の神=菊理媛=六甲山の神=廣田神社の向津媛=大宮売命】で、【菊理媛=大宮売命】が成立。

大きな山の神(大山祇神)であること、天狗伝説(武闘派の賀茂一族?)、修験道の霊山(役小角が修験道開祖)、雨乞いの神、分水嶺上(水分り・みまくり)の神、水商売繁盛の神=接客業の神。で大宮売命であることを示唆しています。

てことで、次は加賀100万石の白山比咩神社にいきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。