記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お猿のチャル君がかわいかった

昨日は日雇いの工場バイトに行ってました。(封筒を糊付けする簡単なお仕事です)
8時間も立ちっぱだと、足腰にきたぜ。ヨレヨレ。

でもねー帰りに最寄り駅、ユニバーサルシティ駅前で猿回しが見れました。ラッキー♪
↓おサルのチャル君が頑張ってくれてました~~超かわいい

cyaru_1charu_2

ごめん。夕方6時頃だったから暗くてピントが合ってない。でも、右の写真、チャル君も笑顔ですwwww
調教師の方もすごいイケメン?美人?な方でステキです。九州って目の大きな綺麗なひと多いよね。
家畜じゃないおサルさんが、こんなに人の言うこと聞くなんて2人の間の愛と信頼が大きいんだろうな~って感激しました。

えーと。日本昔話は間に合わないので、まるの日さんワークショップのシェアーなど。

昨日の晩に「8月も後半ですねえ。」の記事に追記したのですが、
Iさんのブログ「②レトリーバル実践編(グループでF27に行こう)」で作ったF27に繋がる「光の扉」は一度作ると、私以外の人も使えると、まるの日さんが言ってたような気がするんです。

私が作ったのは、教会の入り口にあるよううな2枚扉で、これ↓よりもっと縦長、金~白色に光ってます。
教会の扉
(こうゆうとき、ほんと、絵が描けたらなぁって思う。)
③レトリーバル実践編(一人でレトリーバル実践)中の絵で「③光の扉に案内しましょう。」もあわせた感じです。
(扉の向こう側、F27は私の場合、春の草原です)

使い方は、

・光の扉を目の前や頭頂にイメージで作る。
・「余計なものが来たら、全て扉の中に行きます」と宣言
・オートマチックに余計なものは全て扉を通ってF27に行くように自分で設定する。
・アファメーションは「重い気分が軽くなるといいなー」とかそんなかんじ。
(私のメモなので、言い方がやたら軽くてすみません。でも、ニュアンスは伝わるかな?)

自分にとって余計なモノが人の形でイメージできるときは階段を上らせる、道を作って誘導、UFOに吸い込まれる、等々自分が自由に決めてイイらしいです。正体不明のとき、私は黒い煙をイメージしました。
(使用例が「8月も後半ですねえ。」になります)

F27に送り込んだ後は、ガイドの皆様あとはいい感じに宜しくお願いします。でもOKだそうです。

人ごみで疲れやすい人とか、なんか引っかかるなーって時に、宜しければお使いください。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。