記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後お出かけがあるから今日は早めのうp

あのガンダルフ似のうちの村長のことを考えながら、スーパーに向かってチャリをこいでました。
私の中では「強めにつけたから」の印象がものっそ強いんですね。(そんだけショックだったのよ)
「強めに・つよめ・ツヨメ・・・・・・・あ、ツヨシさんていいんじゃない?」
これしかないでしょ~♪て気分でルンルンです。
わざわざヘミシンク使うのは邪魔くさいので自分の妄想の中でガンダルフ爺さんをイメージして聞いてみます。
「あのぉ。『つよしさん』ってお呼びしても宜しいでしょうか?」
「・・・・・」(無言&無反応)
「じゃあ、『つよしさん(仮)』って感じは如何でしょうか?」
「(困った顔で小さく頷く)」
どうやら、和名はお気に召さないようです(ガッカリ)
ボンヤリしてるときに「ガンダルフ」と浮かんだので、ガンダルフさんでいいかもね?
でも、自分の神と運命を呪うときは「ごぉらぁぁあ。つ”~よ”~し”~め”~(仮)!!」って言っちゃうかもね☆

そんな私も「晩年は貴女も穏やかに過ごせますよ」と言ってくれた過去生の私に会いました。
ありがたや、ありがたや。なむなむ。ちーん。

私の過去生を見る方法をご紹介しますと、
(いろんな人の方法が混じってるし、しょっちゅう変わります)
光の呼吸→F15 free flowをかける→ガイダンスに従って自由に探索できるところまで来る
→F15の私のシンボル・噴水を見てから→「安全な場所」(竹林)に移動
→アファメーションを入れます
(ex.私が今見るべき過去生を見せて下さい、私と私に関わる全ての人が最も良い状態でありますように)
→空き地を壁で囲みます
→壁に扉をつけて「1個目」の扉をくぐる
→崩れかけの煉瓦の塔に付いた木の扉をくぐる(2個目)
→螺旋階段をイメージが面倒になるまで降りる→最後は面倒になって滑り台をすべる
→砂地+岩壁の白玉さんの部屋に入る(白玉さんは真っ白な猫でまだしゃべりません)
→白玉さんを可愛がって挨拶して連れて行って欲しいところを告げる
→光の扉(3個目)を白玉さんと一緒にくぐる
→真っ暗な空間を白猫のあとについて歩き続けるとなんかイメージが来るので貪欲に掴んでいく

↓「白玉さん」の元ネタ。『しらたまくん』 by稲葉そーへー『週刊ヤングジャンプ』

3個の扉を抜けることは大事みたい。
あと過去生を見るとき足元からイメージってよく言われるけど、ソレやると私には無理があったので変えました。プーギーさんに案内してもらってた事もあります(モンハンというゲームのキャラ)
プーギーさん

ローマ時代のヘレーナさん。明るい茶色のロングヘア。白い服。割と裕福な家の子。
小間使いの使用人も付いてる(年下男子)。町で綺麗なネックレスを買ったり、美味しいご飯(パン、鶏肉、果物、オリーブ)を食べたりしてる。
草原を小間使いを連れて馬で駆け、海の見える崖になってる高台で「私を捕まえてごらんなさい。ほほほ」とかやってる我が侭お嬢様。
スキンヘッドの父上に呼び出されて「お前ももう17歳だ。結婚しなさい」と言われショックを受ける。
小間使いに「私を連れて逃げなさいよ!」と切れるが「私には出来ません」と断られる。
神殿で式を挙げる。相手は27歳だがハゲ、デブではない男前でほっとする。商人をやってる穏やかでいい旦那様でした。
間もなく男の子を一人産みます。その子が大きくなって15歳位の時「船に乗って遠いところに行って、世界中を見て回りたい」と言って商船?軍船?に乗り始めるが、異国の地で亡くなりヘレーナさんは絶望して泣き暮らす。
その後、双子の養女を3-4歳で引き取り自分の手で手厚く育てる(ユーリー&マリー?)。
その子達が美しい女性に成長してからヘレーナさんは死にます。
「お前たち2人は私の宝です。天使です。貴女達が居なかったら私は一生救われなかった。お前たちのお陰で心の平和が得られました。ありがとう。」死ぬときには双子の姉妹に看取られてベッドで亡くなる。

今まで奴隷か貧乏で10歳前後で野たれ死にする男子が多かったので、ベッドで死ねるヘレーナさんは新鮮でした。
で、ヘミシンク音終わってからボケっとしてると会話できたりします。ここで励まされました。
創作でもアクセス&DLでも関係なく私にとっては美しく、意味のある体験なので大事にします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。