記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

出雲関係の話③

紀元前26世紀頃、華夏民族の君主・黄帝が蚩尤、九黎族(後に三苗族と黎族)、夸父族などのの長江文明連合軍を破る前、長江の民は伏羲(ふっき・ふくぎ)と女媧(じょか)を神(始祖)として信仰していました。【伏羲】易の八卦を発明。木に文字を刻んで約束する方法(書契)を作って、縄を結んで記録とするそれまでの方法に代えた。網を発明して、漁業を民に教えた。婚姻の制度を定め、一対の皮を互いに交換するならわしを定めた。...

続きを読む

出雲関係の話②

出雲族のご先祖様の話しの続きです。私も調べてて1万年以上前に遡るなんて思ってなかったから、気楽に始める→いつになったら終わるのだ?不安→うわ。なんだこの量?→最初のほうもう忘れた。覚えてるとこから書こ。←今ここ。今回も長くなりそうです。途中脱線とかしそうです。きっとM属性なんです。出雲関係の話①の地図を参照してます。上海の南、④の位置、河姆渡(かぼと)遺跡の炭化米を野生種と栽培種とを区別できる性質をもとに...

続きを読む

出雲関係の話①

長らく休んでましたが、すみません。出雲の話を辿るのが難しくて困ってました。日本における2大勢力「出雲の神様」お話に入りたいと思います。↑この表はwiki@日本人にある複数の研究論文から引用した日本人のY染色体のDNA型(ハプロタイプ)の比率を示しています。D系統(D1a1+D1b)は3.8万年前から日本に住んでいる縄文人の遺伝子系統で、約4割をしめます。O系統(O2b1+O3)は0.3~0.4万年前に日本に流入した弥生人の系統で、この...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。